2011年09月30日

良い批評が、物事を良くする

批評と非難は違います。批評は、前向きです。良いものを作りたいから、そのために悪いところを指摘する、それが批評です。非難は後ろ向きです。とにかく悪そうなところを指摘する。良いものを作りたいからではなく、相手をやっつけたいから、悪いところを指摘するのです
批評と非難は、「悪い部分を指摘する」という点は同じですが、根底にある目指すものの違いがあります。「良いものを作りたいから、悪い部分を指摘するのか」、「相手をやっつけたいから、悪い分を指摘するのか」。
相手をやっつけることによって、自分のポジションが引き立つということは、よくあります。だから、相手を非難するというテクニックは、処世術として必要なモノです。私も無自覚で、やってきた部分もたくさんあると思います。
非難は何も創造しませんし、時には感情的な対立を生み、物事は悪い方に動いてしまいます。批評は、「良いものを作りたい」という想いがあるから、ぶつかり合いがあっても、間違いなく、最終的には良い方向に流れます。
悪いところを指摘することは大事です。悪い分を認識することが、改善の第一歩です。ただし、悪いところを指摘する目的の違いによって、結果は雲泥の差となります。
政治は、良い社会を作るために仕事をするのですが、ポジションを取らないと権限をもって仕事ができないため、ポジションを取る、つまり選挙に勝つことも大事になってきます。良い社会を作るために、選挙に勝とうとするのですが、どうしても「選挙に勝つ」ことが目先の目的になってしまいます。
選挙に勝つために、自分のポジションを引き立てることは大事です。そうすると、自ずと競争相手をやっつけることが目的となります。どの政治家も良い社会を作るために仕事をしているのですが、そのような背景があるので、良い社会を作るための批評にはならず、相手をやっつけるための非難になる傾向にあります。これは構造です。
この構造を意図せずして強固にしてしまうのが、マスコミや評論家です。マスコミも評論家も、悪いところを指摘することが自らの価値です。もちろん、良い社会を作るための指摘なのですが、政治と同様、自らのポジションを引き立てるため、「悪いところを指摘する」ことが目先の目的になりがちです。
したがって、政治における非難合戦にのっかってしまいがちです。全員が良い社会を作るためと思っているのですが、批評にならず、非難になってしまう。非難は相手をやっつけることが目的ですから、物事が進展しません。
東北の復興も、福島の原発問題も、全員が「何とかしたい」と思っていて、その想いの中で批評をすれば良い方向に進むのですが、構造上、どうしても非難の会議になってしまう。これは、自民党でも、民主党でも、同じ構造です。
これをどうやって乗り切るか。少なくとも、私自身が、非難に陥らないように、つまり、批評を心がけるように努力をしなくてはいけません。
posted by 秋山ひろやす at 12:10| エッセイ | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

池上彰のすごさ

テレビ番組のニュース解説で圧倒的な人気を誇る池上彰さん。彼の特集が、かなり前ですが、去年の今頃のアエラにありました。

ひとつのエピソードが紹介されています。視聴率を上げるための会議で、取材対象が軟派傾向になりそうになったときに、池上さんはイラン大統領選を提案。テレビの制作サイドは、それでは視聴率が取れないと反対したが、池上さんの提案に従ってみたところ、視聴率はグッとアップ。

池上さんいわく、
「難しいことには関心がない、お笑いや大食いの方が視聴率が上がるという思い込みの方が間違いだったんですね。難しい問題もおもしろく、わかりやすく伝えれば関心が高い。これまでは伝える側の努力が足りなかったんじゃないでしょうか」

このコメント、心の底から同意します。
政治や行政への一般的な関心の低さは、政治や行政の伝え手の努力が足りなかった結果かもしれません。よくわからないから関心が薄れてしまう、でも、心の底では「知りたい」願望があり、知ると関心は自動的に高まって、少しは状況は変わったかもしれません。

我々政治家は、伝え方で大きな問題を抱えているという自覚を持つべきだと思います。
伝え方が下手なのは、技術の問題というより、本質的な理解ができていないからかもしれません。池上さんいわく、「わかりやすく伝えることは、世の中の難しいことを理解するからできる」。

世の中の現実は相当複雑ですし、一つ一つの制度や法律の体系も複雑、何かを短い時間で過不足なく説明することは、本当に難しい。だから、ワンフレーズポリティックスが脚光を浴びるのかもしれませんし、政治家としてマーケティング的には正しい戦術かもしれません。しかし、ワンフレーズポリティックスの競い合いでは、政策は変わりません。

我々政治家は、難しいことをどうやってわかりやすく説明するか、そして市民の知りたい好奇心を刺激し、社会や政治に対する関心を上げることができるか、こういった部分の仕事も担っていると思います。
そういった意味では、池上さんの伝える力は、大きく学ばなければなりません。

池上さんの伝える力の裏側には、相当の勉強量があると言われています。私も、相当勉強しなければいけないと反省しています。
ちなみに、優秀な官僚は、伝える力は持っているけれど、あえてわかりにくく説明して、煙に巻くという説もありますが、どうなんでしょうか。
posted by 秋山ひろやす at 22:53| エッセイ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。