2011年01月24日

GT-R開発者が語る「仕事とは?」

日産GT-Rの開発者、水野和敏さんのインタビューの内容が胸に刺さります。GT-Rの話よりも、「どう仕事に挑むか」、「リーダーとして、何を心掛けるか」という話が中心です。長いインタビューなのですが、読み物としても楽しいです。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20110105/217812/

 

二回に分けて感想をアップしますが、まずは「どう仕事に挑むか」。


仕事というのは、お客さんのために尽くして尽くしまくって、お客さんの喜んだ表情を見るために行うものと言い切ります。だから、仕事は楽しんでやるというのはあり得ないとも言い切ります。お客さんの喜んだ顔を想像して、仕事を楽しむ瞬間はあっても、仕事をやっている間は「苦しい、辛い」しかない。「苦しく、辛くなるほど」仕事に打ち込んで、お客さんに尽くす、そして喜んでもらえる、これが仕事の本質だと言います。

 

「これをやったら、できたらお客さんは喜んでもらえるだろう」と思うときのワクワク感こそが仕事の本質で、これがあるから、辛い仕事に向き合えるし、辛くなるほどやるから良い仕事ができるはず。すべてはお客さん起点で、自分が仕事を楽しむという概念はあり得ず、最近の「仕事を楽しもう」というのはよくわからないと言います。

 

尽くして尽くしまくって、だから辛くて苦しくなるけれど、尽くした先にお客さんの喜びがあると思うと、苦しさも乗り越えられる、そう、苦しみとトキメキは一緒が大事。苦しみだけではダメ。お客さんの喜びを感じられるような仕事環境でないとダメ。喜んだお客さんが見えない状況で仕事をやっても、苦しいだけで続かないと言います。大きな会社は機能が分断されて、お客さんがどんどん遠くなる部署が多いが、それはダメだと言います。

 

少し職人気質の仕事論ですが、「自分の納得」のために仕事をする典型的な職人気質ではなく、あくまでも「お客さん」のために仕事をするという理念が徹底しています。「お客さんがどうすれば喜ぶか」を徹底的に想像することがすべてと言っているのだと思います。そして、それに少しでも近づけるように最大の努力をするということだと思います。

 

民間の仕事の場合は、完全にその通りだと思います。行政の場合はどうか。市民に尽くす、市民の喜んだ顔を想像してワクワクするということは同じです。しかし、GT-Rの仕事と違うのは、GT-Rのお客さんは限られた方、ある程度嗜好や経済状況が一緒の人で、その限られた人だけに尽くす仕事なのです。行政は、原則市民全員がお客さんで、嗜好も経済状況も価値観もバラバラのお客さんを相手に仕事をしなければなりません。ここが行政の仕事の難しいところかもしれません。当たり前なのですが、この1年はそれを痛感する年でもありました。

 

「市民がどうすれば喜ぶか、幸せになれるか」を徹底的に想像、分析することがすべてなのですが、市民のバリエーションが広すぎて、民間のようなターゲティングアプローチにも限界があるような気がします。いずれにせよ、本質は同じです。お客さん起点、つまり市民起点で、「尽くす」仕事スタイルは突き通したいです。

posted by 秋山ひろやす at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。