2011年07月06日

政府への信頼の底が割れた!

NHKの9時のニュースは、学校給食における親の不安が取り上げれていました。親の不安は、放射線の暫定基準値を下回る食材を給食に使っていても、「本当に大丈夫なのか」という不安です。

まさに「政府に対する信頼の底が割れた」状態であり、かと言って他に信頼できる先もなく、結局自衛するしかない状態。しかし、自衛するにも、どう自衛してよいかわからないので、試行錯誤が続くという状態です。試行錯誤の一例が(洗っていても)生野菜は食べないということらしく、給食において、生野菜が大量に残ると報道されていました。(親が子に、生野菜は食べるな!という指示を出しているようです)

「現状流通している食材はすべて管理されていない」という不安から、「給食の食材の全量検査」が、親の要請ですが、仮に全量検査しても、そもそも暫定基準値自体が信用できないので、「ベクレルは低ければ低いほど良い」となり、最終的には放射性物質はゼロでなければ納得できないという要請になる可能性だってあります。

これは、当事者にとっても、政府にとっても大変つらい状態で、かつ社会全体においても大変な状態です。「政府が信用できない」わけですから、「自衛のためには、時に法律だって破らざるを得ないし、学校のルールだって破らざるを得ない」という理屈だって通りかねません。

もちろん、政府のすべてが信用できないというわけでなく、現時点は政府の「放射能行政」に限り信用できないということだと思います。ちなみに、これが社会保障や税徴収に及ぶと社会の根底が割れます。

現状は、「不安の連鎖」と、「疑いの悪循環」ですから、この流れを変えるのは容易でないと思います。

「どうしてこうなってしまったのか」という理由は、何となく推定できます。すべての発表が後手後手に回り、また基準値自体もしっかり説明されないので、「本当に考えて設定したのか」という疑惑が残ります。また、内閣の参与が「20ミリの基準値は子どもには高すぎる」と言って、涙の辞任劇をすれば、もう決定的です。

そして、放射能という目に見えず、かつ経験したことのないリスクなので、どうしたて不安は高まります。こうして、政府への疑いと、放射線への漠とした不安が、どんどん増殖していくわけです。

本質的には、政府のリスクコミュニケーションが初期で失敗し、かつそのフォローがまったくできていないに尽きると思いますが、この非常時、もはやそれを皆で批難しても、何も解決がされません。

それどころか、メディアが批難すればするほど、疑いと不安が増殖する循環となり、ますますそれらが強化されてしまいます。現時点は、政府にかわって、メディアがリスクコミュニケーションの役割を、できる範囲でやっていくべきです。非常時だからこそです。

何が問題で、何が問題ではないのか。それは、専門家の間でどこまで合意されていて、どこで大きく議論が分かれるのか。疑いと不安の状態の国民に、冷静に考える機会を提供することが、リスクコミュニケーションです。

もちろん、地方自治体もやるべきですが、地方自治体も政府の子分みたいな認識をされていますから、役割としてはひょっとすると不適かもしれません。ただ、まだ「国は信用できないし、何もやらないから、せめて地方自治体くらい、頑張れ!」という期待があるのかもしれません。しかし、コミュニケーションの内容は工夫できても、国の基準値を横において、独自基準を作ることは大変難しい。独自基準を作る理論的バックボーンが地方自治体にはありません。

この疑いと不安の状態の市民の皆さんに、地方自治体がどこまで向き合えるか、非常に難しい内容です。

posted by 秋山ひろやす at 22:22| エッセイ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。