2011年07月27日

河村改革の良いところ、悪いところ

先々週の週刊ダイヤモンドの第2特集が名古屋市の河村革命です。その中で、元副市長の大西聡さんのインタビューがあります。元トヨタ営業マンで、民間から引き抜かれたようですが、「元」とあるので、最近辞めてしまったようです。

そのインタビュー内容で、非常に共感を覚える部分があります。

・行革をするために、市役所に入った

・行革の柱は、組織の簡素化、仕事のやり方の見直し、処遇の改革(人事考課制度を作りなおす)の三つ

私も、行革の柱は、この三つだと思います。行革の目的は、業務改善、コスト削減、そして結果としての生産性向上なのですが、そのためには、その三つが絶対に必要です。

例えば、表面的なコスト削減は、一時的で継続しません。コスト削減は、担当課(担当者)が自らの業務を省みて、無駄を自覚し、それを自発的に削っていく体制にならなければ、継続しません。

事業を廃止するような、外科手術的な大きなコスト削減と、業務改善による内科処置的で継続的なコスト削減の両面が必要です。組織体質として大事な部分は、後者の方です。

そのためには、仕事のやり方の見直しが必要ですが、それが自発的に起こるようにするには、組織の簡素化、処遇の改革が必要です。小さい組織で、それぞれが権限と責任をもって動くことが、組織の簡素化です。組織目標が実行されれば評価され、実行されなければ評価されないという、当たり前で透明性の高い人事考課が処遇の改革です。

こういった組織設計が機能するようになって、自発的な「仕事のやり方の見直し」が、各部署でどんどん生まれてくるのです。
大西さんは、おそらく、これを言いたかったのだと思います。

短いインタビューですが、河村改革の行革は、まだ表面的な行革だと言っているような気がします。人件費の一律カットは、確かに行政コストを削減させましたが、行革に必要な処遇の本質的な改革には手をつけておらず、一時的なコストカットに終わっていると言っているような気がします。

また、組織の再編や簡素化は全く進まず、逆に副局長ポストの新設は逆行だと言います。

定年近くまで昇給する、年功序列が強い待遇制度、また公平・順繰りの人事考課の見直しも進んでいないと言います。

ただし、圧倒的な人気を持つ河村市長でなければ、行革は進まないとも言います。河村市長がその方向性を認識し、若干のプレーンスタッフと一緒に強く推し進めれば、できるはずだと期待もしています。

私自身も、まだ行革の本質には手をつけられてはいません。が、本質の場所はわかっているつもりですし、進め方もイメージは持っています。本質に手をつけるということは、長い時間の蓄積で成立した組織文化を変えるようなものです。大変な作業ですが、この仕事をさせていただく以上、しっかり取り組んでいきたいと思います。

posted by 秋山ひろやす at 12:16| 組織運営 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。