2011年09月30日

良い批評が、物事を良くする

批評と非難は違います。批評は、前向きです。良いものを作りたいから、そのために悪いところを指摘する、それが批評です。非難は後ろ向きです。とにかく悪そうなところを指摘する。良いものを作りたいからではなく、相手をやっつけたいから、悪いところを指摘するのです
批評と非難は、「悪い部分を指摘する」という点は同じですが、根底にある目指すものの違いがあります。「良いものを作りたいから、悪い部分を指摘するのか」、「相手をやっつけたいから、悪い分を指摘するのか」。
相手をやっつけることによって、自分のポジションが引き立つということは、よくあります。だから、相手を非難するというテクニックは、処世術として必要なモノです。私も無自覚で、やってきた部分もたくさんあると思います。
非難は何も創造しませんし、時には感情的な対立を生み、物事は悪い方に動いてしまいます。批評は、「良いものを作りたい」という想いがあるから、ぶつかり合いがあっても、間違いなく、最終的には良い方向に流れます。
悪いところを指摘することは大事です。悪い分を認識することが、改善の第一歩です。ただし、悪いところを指摘する目的の違いによって、結果は雲泥の差となります。
政治は、良い社会を作るために仕事をするのですが、ポジションを取らないと権限をもって仕事ができないため、ポジションを取る、つまり選挙に勝つことも大事になってきます。良い社会を作るために、選挙に勝とうとするのですが、どうしても「選挙に勝つ」ことが目先の目的になってしまいます。
選挙に勝つために、自分のポジションを引き立てることは大事です。そうすると、自ずと競争相手をやっつけることが目的となります。どの政治家も良い社会を作るために仕事をしているのですが、そのような背景があるので、良い社会を作るための批評にはならず、相手をやっつけるための非難になる傾向にあります。これは構造です。
この構造を意図せずして強固にしてしまうのが、マスコミや評論家です。マスコミも評論家も、悪いところを指摘することが自らの価値です。もちろん、良い社会を作るための指摘なのですが、政治と同様、自らのポジションを引き立てるため、「悪いところを指摘する」ことが目先の目的になりがちです。
したがって、政治における非難合戦にのっかってしまいがちです。全員が良い社会を作るためと思っているのですが、批評にならず、非難になってしまう。非難は相手をやっつけることが目的ですから、物事が進展しません。
東北の復興も、福島の原発問題も、全員が「何とかしたい」と思っていて、その想いの中で批評をすれば良い方向に進むのですが、構造上、どうしても非難の会議になってしまう。これは、自民党でも、民主党でも、同じ構造です。
これをどうやって乗り切るか。少なくとも、私自身が、非難に陥らないように、つまり、批評を心がけるように努力をしなくてはいけません。
posted by 秋山ひろやす at 12:10| エッセイ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。