2011年07月06日

政府への信頼の底が割れた!

NHKの9時のニュースは、学校給食における親の不安が取り上げれていました。親の不安は、放射線の暫定基準値を下回る食材を給食に使っていても、「本当に大丈夫なのか」という不安です。

まさに「政府に対する信頼の底が割れた」状態であり、かと言って他に信頼できる先もなく、結局自衛するしかない状態。しかし、自衛するにも、どう自衛してよいかわからないので、試行錯誤が続くという状態です。試行錯誤の一例が(洗っていても)生野菜は食べないということらしく、給食において、生野菜が大量に残ると報道されていました。(親が子に、生野菜は食べるな!という指示を出しているようです)

「現状流通している食材はすべて管理されていない」という不安から、「給食の食材の全量検査」が、親の要請ですが、仮に全量検査しても、そもそも暫定基準値自体が信用できないので、「ベクレルは低ければ低いほど良い」となり、最終的には放射性物質はゼロでなければ納得できないという要請になる可能性だってあります。

これは、当事者にとっても、政府にとっても大変つらい状態で、かつ社会全体においても大変な状態です。「政府が信用できない」わけですから、「自衛のためには、時に法律だって破らざるを得ないし、学校のルールだって破らざるを得ない」という理屈だって通りかねません。

もちろん、政府のすべてが信用できないというわけでなく、現時点は政府の「放射能行政」に限り信用できないということだと思います。ちなみに、これが社会保障や税徴収に及ぶと社会の根底が割れます。

現状は、「不安の連鎖」と、「疑いの悪循環」ですから、この流れを変えるのは容易でないと思います。

「どうしてこうなってしまったのか」という理由は、何となく推定できます。すべての発表が後手後手に回り、また基準値自体もしっかり説明されないので、「本当に考えて設定したのか」という疑惑が残ります。また、内閣の参与が「20ミリの基準値は子どもには高すぎる」と言って、涙の辞任劇をすれば、もう決定的です。

そして、放射能という目に見えず、かつ経験したことのないリスクなので、どうしたて不安は高まります。こうして、政府への疑いと、放射線への漠とした不安が、どんどん増殖していくわけです。

本質的には、政府のリスクコミュニケーションが初期で失敗し、かつそのフォローがまったくできていないに尽きると思いますが、この非常時、もはやそれを皆で批難しても、何も解決がされません。

それどころか、メディアが批難すればするほど、疑いと不安が増殖する循環となり、ますますそれらが強化されてしまいます。現時点は、政府にかわって、メディアがリスクコミュニケーションの役割を、できる範囲でやっていくべきです。非常時だからこそです。

何が問題で、何が問題ではないのか。それは、専門家の間でどこまで合意されていて、どこで大きく議論が分かれるのか。疑いと不安の状態の国民に、冷静に考える機会を提供することが、リスクコミュニケーションです。

もちろん、地方自治体もやるべきですが、地方自治体も政府の子分みたいな認識をされていますから、役割としてはひょっとすると不適かもしれません。ただ、まだ「国は信用できないし、何もやらないから、せめて地方自治体くらい、頑張れ!」という期待があるのかもしれません。しかし、コミュニケーションの内容は工夫できても、国の基準値を横において、独自基準を作ることは大変難しい。独自基準を作る理論的バックボーンが地方自治体にはありません。

この疑いと不安の状態の市民の皆さんに、地方自治体がどこまで向き合えるか、非常に難しい内容です。

posted by 秋山ひろやす at 22:22| エッセイ | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

メディアは、リスクを増幅する

毎日新聞の小島正美記者は、「メディアはリスクを増幅する構造を持っている」と、いろいろな場で語っています。つまり、物事の危険な部分だけを強調してしまう構造があると言っています。ちなみに小島記者は、生活家庭部において、ダイオキシン、化学物質、BSE(狂牛病)、遺伝子組み換え大豆など、食の安全や環境問題を担当されています。

専門家は、リスクを「物質の毒性」×「その毒性の摂取量」と分解して考えます。そして、「摂取量が基準値をこえる可能性」を踏まえて、全体的にリスクを考えます。
しかし、消費者は、専門家のようにリスクを分解して理解できません。内容が難しいからです。そこで、本来であれば、メディアがその難しさをかみくだいて、消費者も専門家のようにリスクを理解できるように、やさしく解説することが大事なのですが、メディアは、なかなかそういったことをやってくれません。

メディアは、「物質の毒性」そのものを重視して、リスクを報道してしまう傾向があり、ゆえに、消費者がリスクを大きく認識してしまう、つまり増幅効果があると言います。
事例として、例えば、フタル酸エステルという化学物質を挙げています。マウス実験で大量投与によって精子が減ることがわかりました。しかし、「量」の問題は記事にかかず、「精子が減った」「つまり、何らかの危険性がある」ということだけを報道してしまいます。そうなると、読者は危ないという情報だけインプットされます。フタル酸エステルは、おもちゃに使われていますから、「おもちゃをなめたら大変だ」という、母親の認識につながり、心配を引き起こす形になるし、実際そのような問い合わせをもらったと言います。

なめる程度の「量」では全く問題ありません。しかし、「摂取量」と「大量に摂取してしまう可能性」を触れずに、「毒性」の部分だけ報道するのがメディアで、結果的に読者に「毒性」だけが強く認識されてしまうと言います。

小島記者は、その理由を述べています。多くの記者が、「メディアの役割は、問題点を指摘すること」だと思っていからだと指摘します。毒性があるならば、その「量」などは横に置いて、「毒性」という問題点だけを指摘することが、自分たちの役割だと本気で思っているからだと言います。
(また、市民団体や学者の話を検証せずに、そのまま流してしまう問題点も挙げていますが、その部分は割愛します)

その処方箋として、記者に対して、正確な情報、多面的な情報をしっかりレクチャーすることだとしています。記者も、理解をすれば、ひとつの側面だけを強調した記事は書かないはずだと言います。そのコミュニケーションが、学者、学会、政府、企業において弱いので、「毒性」だけを強調した、偏った認識が消費者に広まってしまうと言います。
小島記者は、過去に自分も「毒性」だけを報道してきてしまったという反省をされています。メディアの中からの発言で、大変参考になります。
posted by 秋山ひろやす at 12:09| エッセイ | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

柏の街の、懐の深さ

柏市民の皆さんは、ご存知かもしれませんが、「柏市民の会」という、おそらく日本で唯一の、市民と市役所が一体となって、被災地を長期支援する会があります。縁があった気仙沼市の支援を行っています。
この日曜日、気仙沼に出かけてきました。日帰りですから、支援活動はまったく行っていませんが、事務的な打ち合わせもあって、出かけてまいりました。
「柏市民の会」は、市民と市役所職員が共同で、おもに気仙沼の支援を行う組織ですが、この組織の特徴は、
  1. 長期支援が前提。1週間単位で、市民職員の混成チームが入ります。現在第5班が活動中です
  2. 活動資金は、柏の経済界や市民団体が完全バックアップ。役所は人件費だけですが、職員は有給をとっているので、間接的な人件費です (活動資金とは、往復のガソリン代や現地の小道具代。食費は、ボランティアの自腹です。宿泊は避難所などなのでタダ)
  3. 役所の役割は、気仙沼市との連絡調整と、全体の事務調整(実際は、市役所と柏の社会福祉協議会でやっています) 役所が入って大枠は設計するので、被災地ボランティア初めての方にとっては、やりやすい環境
気仙沼の最も規模の大きい避難所2カ所の運営は、現在は「柏市民の会」が行っています。気仙沼市からは、以下の点で、ありがたいと感謝されています。
  1. やはり役所の職員がいるので、安心して仕事が振れる(最近は、役所の事務のサポートも始まりました)
  2. 長期で関わってくれるので、いちいち説明する必要がなく、まるごとひとつの業務がお任せができる
  3. したがって、気仙沼市の職員を避難所運営から、復興業務や通常業務にあてることができるので助かる
1週間のボランティア活動なので、市民の皆さんからはどれくらい手が挙がるのだろうと不安でしたが、仕事をリタイアした方、有給をバーンと取った方、仕事を部下にまかせた社長さん、学生さんなど、多くの手が挙がり、柏の街の懐の大きさを実感しました。
気仙沼の話はまた別途。
こちらが、「柏市民の会」活動ブログです。
http://kashipro.aikotoba.jp/katsudouhoukoku.html

kesennuma.jpg
posted by 秋山ひろやす at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする

おぉ、ネルシーニョ!!

今週のナンバーには、柏レイソルの監督であるネルシーニョのインタビュー記事が2ページ。穏やかな振る舞いにも、でも緊張感を感じさせる雰囲気があって、初めてお会いした時の第一印象から大ファンです。 絶好調のレイソルですが、どの記事を読んでも、ネルシーニョの采配をベタほめです。
今回の記事のテーマは、「リーダー論」。私も柏市役所のリーダーですが、サッカークラブのようなプロフェッショナル集団のリーダーと、市役所のような通常集団のリーダーでは当然性質が違うでしょう。しかし、共通する部分も多いはず。学びをネルシーニョ監督に求めました。

「何よりもまず、監督として自分が考えていること、チームとしてやろうとしていることを選手に信じてもらわなければならない」

これは、リーダーとしての基本中の基本で、結局リーダーとは、まずは哲学と、それに基づいた具体的な方針、そしてチームからの信頼感、この二つに尽きるということだと思います。
哲学と方針も難しいが、これは必須で、議論すること自体が論外。ポイントは、チームからの信頼。信頼のために、ネルシーニョは、

「選手一人一人を観察するのです。リアクションや変化を見逃さないことです」

と言います。教育における愛情の原点です。相手をとにかく見る、心を見るようにする、そして見ているよとメッセージを伝える、これを継続していれば、やはり信頼関係が生まれるのも当然だと思います。相手の変化に気づく繊細な感受性、そして、それを継続できる力。私は、全然できていない。相手が多過ぎというのは言い訳になるか?
そして、信頼ができた上で、哲学を浸透させます。

「勝てない時もあるけれど、勝つための準備はいつだってできる。それは絶えず続けていかなければならない」

そうやって、選手の中での「勝利に対する執念」「執念からくる準備、練習、意気込み」を大きくしていきます。その象徴が、スローガン「VITORIA」です、きっと。
そうやって、選手が自発的に自分の役割を認識し、自発的にトレーニングを積んでいく。内容はバラバラだけど、実は方向性は一緒。レイソルが強いわけです。一丸となった自発性こそが、組織の強さです。

「監督としてすべてを知るときはこないでしょう。人を相手にするのですから、決して楽な仕事ではありません」

組織のリーダーとして、その謙遜。 私は、ますますネルシーニョのファンになりました。
posted by 秋山ひろやす at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

年金制度議論を進めるために

Perfume好きの小幡先生の年金に関するエッセイです。
http://agora-web.jp/archives/1275606.html

ダメダメ言うだけでなく、では「どうすれば良いか」という話をしましょうというエッセイです。
まとめると、

  • 公的年金制度は必要。将来に備えた準備を個人に任せると、準備をしない国民が必ずおり、結局そのカバーを政府がするとなると、正直者がバカを見ることになる
  • 2階建て年金が良い。1階は消費税を財源とした一律給付、2階は個人勘定(個人が積み立てて、政府が管理する)で積み立てる分
  • 2階の個人勘定を政府がやる理由は、年金の受給期間のバラツキをヘッジするため
  • 個人勘定を政府に任せず、自分でやる場合は、運用失敗のリスクを自分で取り、かつ生活保護受給権利も失うルールにする(学者らしい、大胆な提案)
  • 現制度からの移行方法について ⇒ 給付を受けている人は現状を維持、その財源は法人負担、そのかわり法人は現行制度の負担分をなくす、結果として法人負担は軽くなる


数字の裏付けがないので、もちろん、粗い提案です。しかし、評価すべきですし、これから踏み込んだ提案が期待できます。
こういった提案合戦をしなければ、年金問題は絶対に解決しないでしょう。厚労省からの提案、その課題点を指摘というサイクルでは、時間ばっかりかかります。

将来の年金制度の提案をするのは、厚労省の仕事であることは間違いありません。しかし、役所の悲しいサガ、今までの制度や発言の整合性を取ろうとするので、中途半端な提案になるリスクがあります。そこで、学者の出番です。自由な立場で、「実現可能な、あるべき年金制度」を提案すべきです。これをやらずして、学者の仕事を何だろう?という感じです。多額の研究費と、給与を公的にもらっている学者の皆さん、まさに出番ですよ。

マスコミの皆さんも、それを指摘してもらいたい。 厚労省の提案を待つばかりでは、いつまでたっても年金制度の改革は進みません。年金の問題は、本質的に賦課方式にあり、これをどうするかであり、これにとらわれる厚労省は、ギリギリまで、既存制度の整合性を意識した、中途半端な提案しか出てきません。もちろん、最後は厚労省案に落ち着くかもしれません。

しかし、様々な可能性を検討したうえでの、決着と、厚労省案だけの決着では、納得感が全然違います。きっとスピードだって違うでしょう。学者の皆さん、今こそ仕事ですよ。政策提案は仕事ではないというならば、何が仕事なんですか。
posted by 秋山ひろやす at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

GT-R開発者が語る「仕事とは?」

日産GT-Rの開発者、水野和敏さんのインタビューの内容が胸に刺さります。GT-Rの話よりも、「どう仕事に挑むか」、「リーダーとして、何を心掛けるか」という話が中心です。長いインタビューなのですが、読み物としても楽しいです。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20110105/217812/

 

二回に分けて感想をアップしますが、まずは「どう仕事に挑むか」。


仕事というのは、お客さんのために尽くして尽くしまくって、お客さんの喜んだ表情を見るために行うものと言い切ります。だから、仕事は楽しんでやるというのはあり得ないとも言い切ります。お客さんの喜んだ顔を想像して、仕事を楽しむ瞬間はあっても、仕事をやっている間は「苦しい、辛い」しかない。「苦しく、辛くなるほど」仕事に打ち込んで、お客さんに尽くす、そして喜んでもらえる、これが仕事の本質だと言います。

 

「これをやったら、できたらお客さんは喜んでもらえるだろう」と思うときのワクワク感こそが仕事の本質で、これがあるから、辛い仕事に向き合えるし、辛くなるほどやるから良い仕事ができるはず。すべてはお客さん起点で、自分が仕事を楽しむという概念はあり得ず、最近の「仕事を楽しもう」というのはよくわからないと言います。

 

尽くして尽くしまくって、だから辛くて苦しくなるけれど、尽くした先にお客さんの喜びがあると思うと、苦しさも乗り越えられる、そう、苦しみとトキメキは一緒が大事。苦しみだけではダメ。お客さんの喜びを感じられるような仕事環境でないとダメ。喜んだお客さんが見えない状況で仕事をやっても、苦しいだけで続かないと言います。大きな会社は機能が分断されて、お客さんがどんどん遠くなる部署が多いが、それはダメだと言います。

 

少し職人気質の仕事論ですが、「自分の納得」のために仕事をする典型的な職人気質ではなく、あくまでも「お客さん」のために仕事をするという理念が徹底しています。「お客さんがどうすれば喜ぶか」を徹底的に想像することがすべてと言っているのだと思います。そして、それに少しでも近づけるように最大の努力をするということだと思います。

 

民間の仕事の場合は、完全にその通りだと思います。行政の場合はどうか。市民に尽くす、市民の喜んだ顔を想像してワクワクするということは同じです。しかし、GT-Rの仕事と違うのは、GT-Rのお客さんは限られた方、ある程度嗜好や経済状況が一緒の人で、その限られた人だけに尽くす仕事なのです。行政は、原則市民全員がお客さんで、嗜好も経済状況も価値観もバラバラのお客さんを相手に仕事をしなければなりません。ここが行政の仕事の難しいところかもしれません。当たり前なのですが、この1年はそれを痛感する年でもありました。

 

「市民がどうすれば喜ぶか、幸せになれるか」を徹底的に想像、分析することがすべてなのですが、市民のバリエーションが広すぎて、民間のようなターゲティングアプローチにも限界があるような気がします。いずれにせよ、本質は同じです。お客さん起点、つまり市民起点で、「尽くす」仕事スタイルは突き通したいです。

posted by 秋山ひろやす at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

由紀さおり コンサート

市内の幼稚園で、歌手の由紀さおりさんの童謡コンサートが行われ、出席させていただきました。単なる、歌唱コンサートではありません。由紀さんの童謡に対する想いのつまったコンサートで、お話と優しい歌声を取り交ぜたコンサートです。

園児と保護者(主にお母さん)を対象としていますが、どちらかと言えば、お話は保護者向けです。童謡について考えさせる内容で、

  • 日本の歌い継がれている童謡の良さを伝えたいし、残したい
  • 童謡には、日本語の音の美しさが引き出されるメロディーがあるし、歌詞も日本の文化の感受性を表したもので、子どもにはわかりやすい感受性で伝えやすい
  • ゆったりとして、美しいメロディーは、心を穏やかにする力があり、(ロックやクラシックとは違う)童謡の独特の効果がある
  • 情緒を育てる幼児期にはちょうど良い音楽
  • 歌詞を通して、子どもと一緒に「ヒトの気持ち」について話をしてもらいたいし、美しいメロディーを歌って、子どもを安らかな気持ちにしてもらいたい


メモを取っていなかったので、個人的に響いた内容中心になっていますが、全体的にもこんな内容だったと思います。

「その通りだなぁ」と感じます。自分の子どもには、ほとんど童謡を歌ってあげなかったなぁと深く反省。その分、他の子どもに歌ってあげよう。久しぶりに歌って、「メダカの学校」、「手のひらを太陽に」、「どんぐりコロコロ」の歌詞もばっちりです。

心温まるコンサートでした。ちなみに、由紀さおりさんは、毎年全国の学校にまわって、童謡コンサートをしているとのこと。ありがたいことです。

posted by 秋山ひろやす at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。