2011年07月22日

生活保護制度

昨日の朝日新聞15面は、生活保護制度に関する3人の意見がのっていました。そのうちの一人が、人口あたりの生活保護受給者数が最も多い、大阪市の平松市長です。

平松市長は、11年3月時点で、65歳未満の働ける人がいる世帯が21%にもなっていると言います。不況の結果、失業。そして、失業がそのまま生活保護に繋がっていると言います。
また、不正受給や、医療費の不正(必要のない医療を受けさせ、病院が収入を得ること)もあると言います。

平松市長が提案しているのは、働ける人は働いてもらえるような仕組みを作るということです。就労のためのトレーニングを行うことによって、就労に近づけるはずだと言います。仕事をえり好みしなければ、トレーニングを通して、十分に仕事に対応できるようになるはずと言います。
もちろん、それでも就労が厳しい方がいます。そういった方は、しっかり社会で支えるべきとも付け加えています。
また、可能なモノは現金給付から現物給付にすべきとも言います。現金で自由に買うということは守られるべきだが、生活保護で供与される現金がギャンブルなどに使われる弊害にも対応しなければならず、ひとつの工夫として、現物給付という考え方もあるとしています。

生活保護の論点は、
1.働くことができる方を、出来る限り早く、働く状態に移行できるか
2.不正受給などの問題をどれだけ減らすことができるか
の二つに尽きます。もちろん、生活保護の水準や、家族親族関係の希薄化による親族扶助の劣化といった大きな問題もありますが、現行の制度の中での論点は、この二つに集約されると思います。

柏の場合は、平成22年度末で約3500人、柏全体でで0.8%となっていて、全国平均から見ると、低い方です。ただし、40%弱が65歳以上の高齢者、40%前後が障害・傷病者などで、就労が難しい層で全体の8割近くをしめます。
残りの20%が、働ける可能性の高い方ですが、就労に移行出来る方は多くない状態です。

国も就労支援には力を入れており、平成22年度は柏で就労支援プログラムが実施され、113名の生活保護受給者が対象になりました。そして、非正規を含めた就労が36%、その後生活保護から抜け出た方が15%という結果になっています。なかなか厳しい現実です。
平松市長が言うように、仕事自体はあります。ただ、そのマッチングがうまくいかない。技術不足、経験不足が問題であれば、トレーニングでカバーできるはず、それが平松市長の主張です。私もそう思いますが、受給者の個々の事情は幅広く、また仕事の向き不向きの要素も強く、トレーニングによってマッチング率がどこまで向上できるか、これも悩ましいです。
これから、間違いなく生活保護受給者は増え続けます。そして、現場は多様です。就労支援も、不正防止も、市町村単位で対応していますが、現場は増加する受給者対応で手一杯です。本質的には国の制度ですが、その運用は地方自治体です。運用から見た課題をしっかり整理して、国に問題点を提起することが我々の仕事ですが、一進一退です。
posted by 秋山ひろやす at 18:07| 行政の制度 | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

国民健康保険

本日、国民健康保険運営協議会という会合が開催されました。文字通り、国民健康保険のことを議論する会なのですが、主に保険料に関する議論です。

簡単に解説すると、国民健康保険は、主にサラリーマンとその家族以外の方が入る医療保険で、自営業者や無職の方の加入が多い保険です。実は、市町村単位で保険が運営されていて、市町村によって保険料が違います。柏の保険料は全国平均より少し高いくらいでしょうか。保険による医療費支払いが大きくなると、連動して保険料も上げざるをえません。加入者のうち高齢者の割合が上がると、必然的に医療費支払いが大きくなりますから、保険料もあがります。

柏も同様で、今後ますますその傾向が強くなります。昨年度は、大幅な値上げを行いました。実は(私が就任する前である)平成20年度に大幅な値下げを行っており、その反動でもあります。下げたり、上げたり、保険料が大きく上下することは良くないことです。将来の見通しを考えて、毎年毎年の保険料を考えるべきでしょう。

生活の安心安全の根幹のひとつである医療保険制度。その一角をしめる国民健康保険制度自体が、大きな問題を抱えています。
市町村単位ですから、同じ医療制度にも関わらず、全国で保険料がバラバラ。また、保険料だけで成立させようとすると、保険料があがってしまうため、通常の税金による補填も行われており、財政逼迫の一因でもあります。(柏では、21年度で約10億円)

それを打開するために、市町村単位ではなく、都道府県単位にしようという提案が国からされておりますが、7,8年先の話です。
高齢者の絶対数が増えれば、当然医療費は増加するわけです。また、国民皆保険制度を維持しようとすれば、それに合わせて保険料をあげるか、あるいは通常の税金をもっとまわすしかないのですが、それは限界があり、やはり保険料の値上げしかありません。(もちろん、自己負担率を上げるとか、診療報酬制度を改定するとか、いろいろありますが)

このような当たり前の議論を回避して、「後期高齢者医療制度は年齢で差別する酷い話だ」みたいな感情論で、保険制度設計が押し流されてしまうと、いつまでたっても本質的な議論ができません。誰だって値上げは嫌です。でも、実態に目をそむけて、短期的な感情論で将来議論をしてしまうと、そのツケをどんどん子ども孫世代に押しつけることになります。本質的な議論ができる切り口を、我々も行いますが、新聞テレビも影響力が強いので、やってもらいたいです。
posted by 秋山ひろやす at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 行政の制度 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。